「乳穂ヶ滝」

乳穂ヶ滝は、世界遺産「白神山地」を抱えた西目屋村にある。
高さ33m、幅10mの滝で、 厳寒期になると稲の乳穂のように氷結する。
藩政時代には、津軽藩主が正月の厳寒期に特命使者を遣わすなど、
古来から津軽地方の作物の豊凶占いの手がかりとされてきた。
全面氷結すると豊作と言われている。
今年は3年ぶりに氷結、農作物愉しみである。
又、農家の人達の笑顔が見えるようです。
ライトアップは幻想的で見事である。

e0081184_12532792.jpg

e0081184_12465180.jpg


昼の「乳穂ヶ滝」
近くから見ると圧巻と迫力がある。

e0081184_17495098.jpg
e0081184_17502684.jpg
e0081184_17505145.jpg
e0081184_1751148.jpg


 
[PR]

by 1107-01 | 2008-02-23 12:54