<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フロックス

アルストロメリアの下に可愛く咲いていました。(ネットから抜粋)
フロックスの花言葉;『あなたの望みを受けます』『一致』『合意』『同意』『協調』『不活発』。
小さな花がまとまって咲く姿が特徴である。
ハナシノブ科・フロックス属に分類され、一年草もしくは多年草の総称です。北アメリカを中心に50~70種ほどがあるとされています。種類が多いことに加えて、一年草、多年草、常緑、落葉など育ち方はバリエーションに富み、草丈も5~120cmと幅があります。
e0081184_13562329.jpg

[PR]

by 1107-01 | 2017-07-31 13:56

アルストロメリア(百合水仙)

花名の由来(ネットから抜粋)
 学名の「Alstroemeria」は、アルストロメリアの種を南米の旅行中に、採取したスウェーデンの植物学者であるリンネが、親友の名前にちなんでつけたといわれています。和名では「ユリズイセン」とも呼ばれますが、その花姿から「ペルーのユリ」などとも呼ばれています。存在感抜群の色鮮やかな花びらを持つ初夏の花、アルストロメリア(百合水仙)がご近所で霞草に抱かれ花開いた。色も赤,ピンク,白,黄,オレンジ,紫などがある。
花言葉の由来
アルストロメリア全般の花言葉⇒「持続」「エキゾチック」「未来への憧れ」
 「持続」という花言葉は、アルストロメリアの花はとても花持ちがよく、長い間咲き続けられることからきているといわれます。アルストロメリアはオレンジや赤などの鮮やかな色の花びらをもち、その内側には斑点が入っています。「エキゾチック」という花言葉は、そんな華やかな花のようすからつけられたといわれます。
赤;「幸い」白;「凛々しさ」ピンク;「気配り」青;「知性」「冷静」黄色;「持続」オレンジ;「友情」
e0081184_13401628.jpg

[PR]

by 1107-01 | 2017-07-31 13:43